崖petit倶楽部

色んな意味で崖っぷち!老若男女の垣根を越えた(?)寄せ鍋BLOG

業務連絡
スパムコメントが多発しているため、落ち着くまでBLOG管理者(部長=DEKO)が承認するまでコメントは表示されません。なお、トラックバックは同理由により今後も受け付けをいたしません。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | TOP↑ | by スポンサードリンク
虐殺器官
これほどの作品を書いた作家が、
もうこの世にいないというのはとても残念だ。
戦争物の洋画を見ているような感覚。
近未来SFというジャンルなのに、まったくソレを感じなかった。

内容(「BOOK」データベースより)

9・11以降、激化の一途をたどる“テロとの戦い”は、サラエボが手製の核爆弾によって消滅した日を境に転機を迎えた。先進資本主義諸国は個人情報認証に よる厳格な管理体制を構築、社会からテロを一掃するが、いっぽう後進諸国では内戦や民族虐殺が凄まじい勢いで増加していた。その背後でつねに囁かれる謎の 米国人ジョン・ポールの存在。アメリカ情報軍・特殊検索群i分遣隊のクラヴィス・シェパード大尉は、チェコ、インド、アフリカの地に、その影を追うが…。 はたしてジョン・ポールの目的とは?そして大量殺戮を引き起こす“虐殺の器官”とは?―小松左京賞最終候補の近未来軍事諜報SF。
この作家のブログは現在も公開されている。
闘病の様子、これから執筆活動を続けていくという思いが
そのまま、ソコに残されている、
ほんとに急逝されたのだと実感します。
伊藤 計劃(いとう けいかく)
1974年 - 2009年3月20日(満34歳没)
ブログ:伊藤計劃:第弐位相
| comments(0) | [読書]小説・随筆 | TOP↑ | by DEKO
珍しく小説ブログ 13番目の人格(ペルソナ)ISOLA
読み始めて ゾクゾクってしましたよ

100円買いしたこの1冊
最近は100円買いの本におもしろい作品が多い
まあ 話題になったものが多いからだろうが
貴志祐介の代表作
映画にもなってましたね。確か

おもしろかったです。
多重人格を扱った作品で興味をそそりました
一瞬で読破!



ねたみそねみは怖いぞ〜って作品
一度雨月物語をしっかり読もうかと
考えました。
| comments(1) | [読書]小説・随筆 | TOP↑ | by はなちゃん
おお!三津田の新刊♪
新刊だわ〜♪
でも、内容がわからない・・・。
ホラー系かな?ミステリー系かな?

内容(「BOOK」データベースより)

幼くして養父母を亡くした奈津江は、実姉と名乗る祭深咲に伴われ、実父が経営する施設“祭園”に引き取られた。そこに暮らす訳ありの少年少女たち。廃屋と 化した“廻り家”と呼ばれる奇怪な祈祷所。得体の知れない何かが棲む黒い森…。奈津江の出生の秘密が明かされるとき、惨劇は幕を開ける―。閉鎖空間に渦巻 く怪異と謎を描く、“家”シリーズ三部作最終章

家シリーズ

  • 禍家(2007年、光文社文庫)
  • 凶宅(2008年、光文社文庫)
  • 災園(2010年、光文社文庫)

| comments(4) | [読書]小説・随筆 | TOP↑ | by DEKO
麻耶さんの新作
麻耶雄嵩「隻眼の少女」またもや「問題作」だとか・・・
この「問題作」をどういう意味で捉えるか?
普通の意味でない気がするのは、
麻耶雄嵩だからだろうね〜(笑い)

探偵役は水干姿の隻眼の少女
ワトソン役は自殺志願の大学生

麻耶 雄嵩
文芸春秋
¥ 1,995
(2010-09-30)

| comments(0) | [読書]小説・随筆 | TOP↑ | by DEKO
近未来軍事諜報モノ
100915_1738~010001.jpg
軍事モノを読むのは、初めてかも…。
新書の二段打ちかぁ〜。
読み切れるか不安だ。
| comments(0) | [読書]小説・随筆 | TOP↑ | by DEKO
トリック・シアター
遠藤武文の小説。
デビュー作で、江戸川乱歩賞した作家さんの作品で、
帯の煽りに「密室殺人」とあったので、
本格ミステリーだと面白い込んでいたが、実際は、警察小説だった。
我孫子警視正シリーズとして、展開しそうな余韻を残した終わりだった。
帯コピー
江戸川乱歩賞受賞作を遥かに超える衝撃度!東京と奈良での同一犯による同時殺人。さらに閉鎖病棟内での密室殺人。『プリズン・トリック』でデビュー、驚異の新人トリックメイカーによる想定外ミステリー。
内容(「BOOK」データベースより)
空前の劇場型犯罪が幕を開ける。2010年3月21日未明に、奈良と東京で、女性と男性が殺害された。被疑者は被害女性の夫であり、被害男性の大学時代の サークルの先輩だった。同一人物による500km離れた場所での同時殺人。警察庁「裏店」のキャリア警視正・我孫子弘が捜査の指揮をとると、被疑者の大学 時代の映画サークルの仲間4人がこれまで、3月21日に事故・もしくは自殺で死亡していたことが明らかになる。
| comments(0) | [読書]小説・随筆 | TOP↑ | by DEKO
劇場型犯罪が幕を開ける
100914_1323~010001.jpg
って、帯にあった。
本格ミステリーなのかな?
以下、帯の煽り文句
「同一犯による東京と奈良での同時殺人。
さらに
閉鎖病棟内での密室殺人!」
| comments(0) | [読書]小説・随筆 | TOP↑ | by DEKO